■ 現在のこのページの役立ち度:
表示されない場合こちらのリンクからもご覧になれます。
■ このページの役立ち度を評価する:
役立ち度を評価してください。
(1(左):あまり役立たない - 5(右):大変役立った):
■ ページの共有:
[ サイト内検索 ]
カスタム検索
#24993-0MScommコントロールでのデータ受信方法kuwatoro2001-11-29(木) 14:27
     #24999-0RE#24993:MScommコントロールでのデータ受信方法横浜taro2001-11-29(木) 16:50
#24993-0
MScommコントロールでのデータ受信方法
こんにちは。

質問なんですけど、MScommコントロールを使って文字列を
受信したいのですが、文字列のサイズが決まっていない場合
は、どのような方法で受信終了を判断すればいいのでしょうか?

いままでは文字列サイズがきまっていたのでこの方法でやってました。
   Do '受信待機
      DoEvents
  Loop Until Form1.MSComm1.InBufferCount >= 10

よろしくお願いします。
#24999-0
RE#24993:MScommコントロールでのデータ受信方法
> こんにちは。
> 
> 質問なんですけど、MScommコントロールを使って文字列を
> 受信したいのですが、文字列のサイズが決まっていない場合
> は、どのような方法で受信終了を判断すればいいのでしょうか?
> 
> いままでは文字列サイズがきまっていたのでこの方法でやってました。
>    Do '受信待機
>       DoEvents
>   Loop Until Form1.MSComm1.InBufferCount >= 10
> 
> よろしくお願いします。
終了コード(デリミタ)で判断するのが、一般的です。

送信側で終了コード(デリミタ)を決めて、
受信側では、そのデータがきたら終了と判断します。
1バイト、2バイトまたは複数バイトで判断するのが、
一般的です。
市販のものですと、必ずあるはずです。
お探しの情報は見つかりましたか?お困りの問題は解決しましたか?
サイト内検索, 似た記事検索で見つからなくてもあきらめずに掲示板で質問してみましょう。
VB初心者友の会があなたのお役に立てれば幸いです。また、本ページの投稿者の方々にこの場を借りて感謝致します。
本ページは過去ログを集めて自動構成しています。よろしければこのページに関するフィードバックをお願いします。
(※ 構成の誤り、広告等の不適切な記事、リンク切れ、読めないページの報告など)