■ 現在のこのページの役立ち度:
表示されない場合こちらのリンクからもご覧になれます。
■ このページの役立ち度を評価する:
役立ち度を評価してください。
(1(左):あまり役立たない - 5(右):大変役立った):
■ ページの共有:
[ サイト内検索 ]
カスタム検索
#11119-0「ocx」ファイルが読み込めない匿名111192000-09-04(月) 23:45
     #11122-0RE#11119:「ocx」ファイルが読み込めない通りすがり2000-09-05(火) 01:16
     #11138-0RE#11122:「ocx」ファイルが読み込めない匿名111382000-09-05(火) 22:36
     #11140-0RE#11138:「ocx」ファイルが読み込めない通りすがり2000-09-06(水) 00:52
#11119-0
「ocx」ファイルが読み込めない
 会社のパソコンで作っているソフト(*.vbp)を家のパソコンで開こうとすると
「comctl32.ocx」と「comdlg32.ocx」が読み込めないと表示されました。
 会社のパソコンの2つのファイルを家の方にコピーしてみましたが
どうもうまくいきません。
 どなたか方法を教えて下さい。
#11122-0
RE#11119:「ocx」ファイルが読み込めない
>  会社のパソコンで作っているソフト(*.vbp)を家のパソコンで開こうとすると
> 「comctl32.ocx」と「comdlg32.ocx」が読み込めないと表示されました。

メモ帳等で VBP ファイルを開き、該当コントロールをロードしている行の、
バージョン表記を、1.0に書き換えてみてください。

例えば、
  Object={F9043C88-F6F2-101A-A3C9-08002B2F49FB}#1.2#0; COMDLG32.OCX
となっていたら、「#1.2#」→「#1.0#」という事です。

(プロジェクトのバックアップをとった上で、自己責任にてお願いします)

これでもダメなようであれば…
  1. 自宅環境にて、新規にプロジェクトを作成する
  2. そこに、comctl32.ocxとcomdlg32.ocxへの参照設定を加える
  3. 会社から持ってきたファイルを、プロジェクトに追加する
とすれば、もしかしたら動くかも知れません。


もし、それでもダメなようなら、frxファイルなどの「バイナリ情報ファイル」が
欠損していないか、確認してみてください。


>  会社のパソコンの2つのファイルを家の方にコピーしてみましたが
> どうもうまくいきません。
それは、ライセンス違反でしょう。(--;)
# もう一度、「使用許諾契約書」(EULA.TXTなど)を熟読してください。

それにOCXというのは、「レジストリへの登録」を必要とする物です。
また、開発環境で使うとなれば、「開発用ライセンス情報」も記録しなくてはならないので、
単にファイルをコピーしただけで動くようになる、という代物ではありません。
#11138-0
RE#11122:「ocx」ファイルが読み込めない
> 例えば、
>   Object={F9043C88-F6F2-101A-A3C9-08002B2F49FB}#1.2#0; COMDLG32.OCX
> となっていたら、「#1.2#」→「#1.0#」という事です。
> 
> (プロジェクトのバックアップをとった上で、自己責任にてお願いします)

   お陰様で読み込めました。ありがとうございました。
 でもこれは、どういった理屈なんでしょうか? 

> それは、ライセンス違反でしょう。(--;)
> # もう一度、「使用許諾契約書」(EULA.TXTなど)を熟読してください。

  すみません。勉強不足でした。
#11140-0
RE#11138:「ocx」ファイルが読み込めない
>>   Object={F9043C88-F6F2-101A-A3C9-08002B2F49FB}#1.2#0; COMDLG32.OCX
>> となっていたら、「#1.2#」→「#1.0#」という事です。
>    お陰様で読み込めました。ありがとうございました。
>  でもこれは、どういった理屈なんでしょうか? 

各コンポーネントは、(基本的に)バージョンがあがっても互換性が保たれているので、
"1.0"と書かれたプロジェクトファイルを、"1.2"な環境で読んでも、問題はありません。

ですがその逆の場合は、例えば「1.2から追加された機能」などが含まれている
可能性があるため、"1.2"というファイルを、"1.0"な環境で読むことはできないわけです。


ちなみに、最初の"{F9043C88-F6F2-101A-A3C9-08002B2F49FB}"の部分は、
そのコントロール(COMコンポーネント)を識別する、一意な「ID」です。
(VBのヘルプには『ライブラリ参照 ID』と記載されています)

このIDをレジストリから検索すれば、ライブラリのバージョン等を調べることもできます。
  HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{F9043C85-F6F2-101A-A3C9-08002B2F49FB}
このページと関連する記事:
#45999-0コモンダイアログボックスについて2001-08-21(火) 16:09
#8038-0VB3とVB6との互換性2000-05-17(水) 18:27
#8266-0Win98環境で作った実行ファイルはNTで実行可能??1999-10-27(水) 00:40
#564-2コントロ−ルのライセンスについて2003-12-23(火) 11:53
#1949-1参照設定で「参照不可」付加になる2004-05-07(金) 11:17
#1581-1RE#1579:OCXが読み込めません2004-04-08(木) 11:26
#5731-1コンポーネントの追加1999-09-22(水) 19:30
#36252-0GIFファイルの問題について2000-12-30(土) 10:45
#243-2MSCommが使えなくなったようです?2003-11-19(水) 12:13
#40-1ライセンスが見つからない2003-11-19(水) 11:01
お探しの情報は見つかりましたか?お困りの問題は解決しましたか?
サイト内検索, 似た記事検索で見つからなくてもあきらめずに掲示板で質問してみましょう。
VB初心者友の会があなたのお役に立てれば幸いです。また、本ページの投稿者の方々にこの場を借りて感謝致します。
本ページは過去ログを集めて自動構成しています。よろしければこのページに関するフィードバックをお願いします。
(※ 構成の誤り、広告等の不適切な記事、リンク切れ、読めないページの報告など)