■ 現在のこのページの役立ち度:
表示されない場合こちらのリンクからもご覧になれます。
■ このページの役立ち度を評価する:
役立ち度を評価してください。
(1(左):あまり役立たない - 5(右):大変役立った):
■ ページの共有:
[ サイト内検索 ]
カスタム検索
#16807-0
メニューコントロールに任意のショートカットキーを割り当てるには
こんにちは、タイトルの件について分からなくて困っています。
VBのメニューエディタを使うと、メニューにショートカットキーを
割り当てる事ができますよね?
でも、メニューエディタで表示されるキーの組み合わせには限りが
あって、例えば「Shift +」(シフトキーとプラスキーの組み合わせ)
などは選択できません。
VBのヘルプで、メニューコントロールの「ShortCut」プロパティを
調べてみましたが、「選択可能な組み合わせはメニューエディタで
確認せよ」との事。という事は、諦めろということなんでしょうか???
よろしくお願いします。
#16832-0
RE#16807:メニューコントロールに任意のショートカットキーを割り当てるには
任意は出来ませんので、見かけのショートカットキーを使ってください。

・メニューのキャプションに vbTab をはさんでショートカットキー文字列を表示
 mnuFileSaveAs.Caption = mnuFileSaveAs.Caption & vbTab & "Ctrl+Shift+S"

・Form の KeyPreview = True として、Form_KeyDown イベントでキーを取得して
 目的の動作を行わせる。
  Sub Form_KeyDown()
      Select Case Shift
          Case vbCtrlMask and vbShiftMask
              Select Case KeyCode 
                  Case vbKeyA: Call mnuFileSave_Click
お探しの情報は見つかりましたか?お困りの問題は解決しましたか?
サイト内検索, 似た記事検索で見つからなくてもあきらめずに掲示板で質問してみましょう。
VB初心者友の会があなたのお役に立てれば幸いです。また、本ページの投稿者の方々にこの場を借りて感謝致します。
本ページは過去ログを集めて自動構成しています。よろしければこのページに関するフィードバックをお願いします。
(※ 構成の誤り、広告等の不適切な記事、リンク切れ、読めないページの報告など)