■ 現在のこのページの役立ち度:
表示されない場合こちらのリンクからもご覧になれます。
■ このページの役立ち度を評価する:
役立ち度を評価してください。
(1(左):あまり役立たない - 5(右):大変役立った):
■ ページの共有:
[ サイト内検索 ]
カスタム検索
#20915-02つ目mizuki2002-05-24(金) 00:52
     #20917-0RE#20915:2つ目あき☆彡2002-05-24(金) 05:22
#20915-0
2つ目
先ほどの問題を以下のように・・・

abcd
EFGえお
===_¥¥
VBHAMUZUKASII
OSIEてください



とテキストファイルに1行に1ワードという形で書き出す
プログラムを教えて下さい。つまり先ほどのは入力の勉強!
そしてこれが書き出しの勉強なのです。
ワードの数は何行という決まりが無いので1000ワード以上の
場合も考えられるのでそれも考慮した
コードを是非教えて下さい。
m(__)m
お願いします。
#20917-0
RE#20915:2つ目
> 先ほどの問題を以下のように・・・
> 
> abcd
> EFGえお
> ===_¥¥
> VBHAMUZUKASII
> OSIEてください
> 
> とテキストファイルに1行に1ワードという形で書き出す
> プログラムを教えて下さい。つまり先ほどのは入力の勉強!
> そしてこれが書き出しの勉強なのです。
> ワードの数は何行という決まりが無いので1000ワード以上の
> 場合も考えられるのでそれも考慮した
> コードを是非教えて下さい。
書き出すファイルは読み込んだファイルと同じでしょうか?
【別ファイルなら】
Open "出力ファイル名" For Output As #2

Write #2, Left(TextLine, InStr(TextLine, " ") - 1)
と配列の変数に代入せず、そのまま書き出せば良いと思います。
(ファイル番号は固定ではなく、FreeFile 関数を使用した方が良いです)

【同じファイルなら】
Dim WordData(10) As String
と固定にせず動的配列にして必要なだけ
ReDim Preserve で増やしていくとか・・・

それか非表示のリストボックスを画面に張り付けて
List1.AddItem Left(TextLine, InStr(TextLine, " ") - 1)
と追加する様にして
最後に
    For l = 0 To List1.ListCount - 1
       Write #2, List1.List(l)
    Next l
と書き出すとか・・・
このページと関連する記事:
#21103-0ファイルの書き出しのタイミングについて2002-06-10(月) 09:41
#7782-0リストボックスの書き出し2000-04-27(木) 17:29
#8624-0logファイルに出力させる方法1999-11-01(月) 12:12
#39429-0配列データのカンマを挿入して出力2001-02-23(金) 21:20
#10926-0「開く」と「名前を付けて保存」に関する質問2000-08-27(日) 22:46
#5097-0RE#5088:データの読み込み方2000-01-18(火) 14:48
#21065-0マージ処理について2002-06-06(木) 09:01
#16171-0ファイルが見つからない!?2001-05-18(金) 11:14
#10174-0シーケンシャルアクセスについて2000-08-03(木) 08:56
#22999-0一行づつ読み取り、各テキストボックスへ・・・2001-09-06(木) 19:35
お探しの情報は見つかりましたか?お困りの問題は解決しましたか?
サイト内検索, 似た記事検索で見つからなくてもあきらめずに掲示板で質問してみましょう。
VB初心者友の会があなたのお役に立てれば幸いです。また、本ページの投稿者の方々にこの場を借りて感謝致します。
本ページは過去ログを集めて自動構成しています。よろしければこのページに関するフィードバックをお願いします。
(※ 構成の誤り、広告等の不適切な記事、リンク切れ、読めないページの報告など)