■ 現在のこのページの役立ち度:
表示されない場合こちらのリンクからもご覧になれます。
■ このページの役立ち度を評価する:
役立ち度を評価してください。
(1(左):あまり役立たない - 5(右):大変役立った):
■ ページの共有:
[ サイト内検索 ]
カスタム検索
#4628-0RE#4625:line input ステートメントでの読みこみ魔界の仮面弁士1999-12-28(火) 02:46
#4628-0
RE#4625:line input ステートメントでの読みこみ
> 簡単なテキストエディタの作成で
> 既存のファイルを読みこむとき
まず、Line Input #は、VBが内部で改行コードを探すことになるので、処理としては遅くなります。
ファイルサイズ分、全てを一括して読み込んだ方が、ずっと高速です。
(ファイルサイズにもよりますが、5〜20倍の速度差が出ます)

1) バイナリモードを使う
    Const FILE_PATH As String = "C:\Windows\HARDWARE.TXT"
    FNo = FreeFile

    Open FILE_PATH For Binary As #FNo
    S = String(LOF(FNo), 0)
    Get #FNo, , S
    Close #FNo
    Text1.Text = S

2) Input関数、またはInputB関数を使う
    Open FILE_PATH For Input As #FNo
    S = StrConv(InputB(LOF(FNo), FNo), vbUnicode)
    Close #FNo
    Text1.Text = S


> はじめの行だけは
> readdata=temp
> 次からはreaddata=readdata & vbcrlf & temp
もし、私がLine Input #を使うなら、その手順で書きますね。
    Open FILE_PATH For Input As #FNo
    If Not EOF(FNo) Then Line Input #FNo, S
    Do Until EOF(FNo)
        Line Input #FNo, Buf
        S = S & vbCrLf & Buf
    Loop
    Close #FNo
    Text1.Text = S


ちなみに、こんな方法もあります。これらであれば、たった一行の記述だけですみます。

1) TextStreamObjectを利用する。(Win98/2000、またはVB6、またはWSHをインストールしてある環境のみ)
  Text1.Text = CreateObject("Scripting.FileSystemObject").OpenTextFile(FILE_PATH).ReadAll

2) RichTextBoxコントロールを利用する。(VB4/VB5のProfessional Edition以上、またはVB6のみ)
  RichTextBox1.LoadFile FILE_PATH, rtfText
このページと関連する記事:
#17803-0テキストエディタを作るときに分からない事2001-01-15(月) 23:40
#21351-0読み出しの時間2001-06-14(木) 07:00
#14278-0DO〜Loop分とLine Input文で全文を読み込み2001-02-01(木) 16:50
#6899-0テキストファイルの入出力2000-03-25(土) 07:24
#508-3テキストファイルを一気に読み込みたい。2003-12-05(金) 20:54
#28109-0大容量ファイル読み込みのLINE INPUT#ステートメントについて2000-08-17(木) 14:26
#46642-0ファイルの行数カウント2001-09-07(金) 11:56
#20778-0メモ帳の保存や開くを再現するには?2001-05-09(水) 14:44
#46280-0テキストファイルの読み込み2001-08-29(水) 11:01
#44790-0ファイル途中にあるEOFの扱いについて2001-07-07(土) 12:42
お探しの情報は見つかりましたか?お困りの問題は解決しましたか?
サイト内検索, 似た記事検索で見つからなくてもあきらめずに掲示板で質問してみましょう。
VB初心者友の会があなたのお役に立てれば幸いです。また、本ページの投稿者の方々にこの場を借りて感謝致します。
本ページは過去ログを集めて自動構成しています。よろしければこのページに関するフィードバックをお願いします。
(※ 構成の誤り、広告等の不適切な記事、リンク切れ、読めないページの報告など)